着物は一番の正装です

娘が二年前に結婚し、一年前に長女を出産しました。
子育てで一番忙しいころに、友達の結婚式に招待されました。
結婚式用のドレスは持っていたのですが、出産で体形が変わってしまいドレスが着れなくなってしまったのです。
買いに行ったところ、気に入ったものはどれも高い。
妊娠中に切迫流産の危険があって入院し、
自分の仕事を急遽やめなければならなかったこともあって、
経済的にあまり余裕がない時期でした。
私にドレスを借りに来たのですが、色やデザインがあまり気に入らなかったようで、困り果ててしまいました。
そこで、私が以前実家の母や義理の母にいただいた着物の事を思い出しました。
正直私もほとんど着る機会がなくデッドストックになってしまっていたので、
着物を着ていったらどう?と提案してみました。
幸い、気に入った色と柄のものがあったようで、帯や帯締めなど楽しそうに選んでいました。
着物なら美容院へ行って、髪の毛のセットと着付けだけで済むという事もありました。
無理して新しいドレスを買っても、またサイズが変わったり流行が変わって一度きりしか着ないこともありますが
着物ならちゃんと手入れしておけば、半永久的に着られます。
それに、着物はドレス以上に正式な場にも通用します。
見た目にも華やかだし、一目を惹きます。
娘は友達の結婚式の日、ちょっと草履が小さくて足が痛かったらしいですが
それ以外は特に不都合はなく、むしろみんなに褒められたと嬉しそうに話してくれました。
今は、冠婚葬祭で着物を着用される方が少ないように見受けられますが、
日本の素晴らしい伝統文化、和服というものが廃れてしまうのは寂しい事です。
海外の方から見れば、ジャパニーズキモノは垂涎の的ですしね。
欲を言えば、もう少し着付けも簡略化されて、誰でも自分で着れるようになれば嬉しいですね。
娘はそれ以来、夏に浴衣を着ることも増えました。
また結婚式があったら、他の着物も着てみたいとも言っています。
私も、これを機会に自分でも着物を着て出かけたいなと思っています。
着物 買取 高額で最後に売れたら最高です。

最近の投稿

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    メタ情報

    GiottoPress by Enrique Chavez